企業法務に関するQ&A

Q&A

弁護士と顧問契約をしていない場合に,どのようなリスクがありますか?

answer

顧問弁護士を付けずに経営を行うと,「起こり得る法的トラブルの放置」,「得ることができた利益を見逃す」といったリスクが発生しているといえます。

従業員との労務問題など,法的トラブルの発生リスクは,どの企業にもあり得るものです。実際にトラブルが顕在化した際に,クライアント企業の事情を把握した顧問弁護士がいれば,解決に向けたサポートを適切に行うことができます。しかし,顧問弁護士がおらず,会社の事情を把握していない弁護士に相談した場合,対応が後手に回り,時間もコストも必要以上にかかるおそれがあります。顧問弁護士がいることで,法的トラブルの予防も可能です。取引先や従業員と契約を交わす際の契約書の確認などを顧問弁護士が行うことで,将来起こり得る法的トラブルを未然に防ぐことができます。

また,新製品を開発,新しい事業を計画する際に,弁護士に法的リスクを確認してもらわないと,後々にトラブルとなり,大きな損失となってしまうおそれもあります。しかし,顧問弁護士に相談しながら進めることで,より有益な手段の提案を受けることができ,会社の成長に繋がるのです。

CONTACT

全国対応

03-5950-0824

朝10時~夜10時・土日祝日も受付中

  • ご相談・ご依頼は安心の全国対応。国内最多の78拠点。
  • 法律相談実績40万人のアディーレだからできる,安心サポート!

メールでのお問い合わせ