人事・労務問題

labor

顕在化したトラブル対応はもちろん,労使トラブル予防にも

従業員の雇用時から退職した後まで,企業と一人ひとりの従業員との間には,人事・労務問題が発生するリスクがあります。たとえば,従業員や元従業員が裁判を起こし,トラブルが顕在化することにより,場合によっては企業の存続に関わるような事態も想定できます。

人事・労務問題の対処に備え,ぜひ,顧問弁護士をご検討ください。顕在化したトラブルを最小限に留めるだけでなく,トラブルを未然に防ぎ,円滑な会社経営をサポートいたします。

人事・労務問題における顧問弁護士のメリット

人事・労務コンプライアンス

人事・労務コンプライアンス

顧問弁護士が人事労務管理の現状を分析して改善すべき問題点やリスクを洗い出し,トラブルを防ぐためのアドバイスを行います。

就業規則・雇用契約書など

就業規則・雇用契約書など

顧問弁護士が労使間で必要な書類を事前にチェックし,トラブルを未然に防ぎます。

労基署や労働組合

労基署や労働組合

労基署の立入調査への対応,労働組合への対応に関して,顧問弁護士がアドバイスを行います。

従業員との交渉

従業員との交渉

セクハラ・パワハラなどで従業員から金銭を請求された際に,顧問弁護士が代理人となり,交渉を行います。

労働審判や裁判

労働審判や裁判

顧問弁護士がクライアント企業の代理人となり,影響が最小限に留まるよう,全力を尽くします。

アディーレには,多くの労務問題を解決してきた弁護士が在籍しておりますので,
経験を活かして迅速かつ的確な対応が可能です。

取り扱い業務一覧

お問い合わせ

電話でお問い合わせ

03-5950-0824

朝10時~夜10時・土日祝日も受付中

メールでお問い合わせ

アディーレの「企業向け法務サービス」は、誠に勝手ながら、新規受付をお断りしております。
既にご利用中のお客様につきましては、引き続きご利用いただけます。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。