企業法務に関するQ&A

Q&A

就業規則や規定などに不備があると,どのような法的トラブルが発生しますか?

answer

就業規則や規定を定めていない場合や定めていても内容に不備がある場合,労使間でのトラブルが発生し,金銭などを請求されるおそれがあります。たとえば,正社員にのみ退職金を支払うつもりで規定を定めていたものの,契約社員の退職金について「退職金は適用除外」と記載しておらず,「雇用契約書に定めのある以外の事項については,正社員の規程を適用する」と記載していたとしたら,契約社員から退職金を請求された際に,退職金を支払うことになるおそれが高くなります。また,賞与について「支給日に在籍する社員に支給する」と定めていなかったとしたら,支給日前に退職した社員から,在籍期間分の賞与を請求された場合に,支払うことになるかもしれません。

労務問題が発生すると,会社は不利なことが多く,従業員に金銭を支払わざるを得なくなるケースが多くあります。弁護士が事前に就業規則をチェックすることで,このような労使間の法的トラブルを回避することができますので,顧問弁護士を付け,法的トラブルの予防をすることをおすすめいたします。

お問い合わせ

電話でお問い合わせ

03-5950-0824

朝10時~夜10時・土日祝日も受付中

メールでお問い合わせ

アディーレの「企業向け法務サービス」は、誠に勝手ながら、新規受付をお断りしております。
既にご利用中のお客様につきましては、引き続きご利用いただけます。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。